倉敷
「倉敷珈琲館」〜歴史情緒溢れる場所で本格的な焙煎珈琲を。

 倉敷珈琲館は、白壁の町、倉敷の観光スポットが並ぶ美観地区の一角にある焙煎珈琲専門です。
昔は民家であった建物をヨーロッパ風に改築し、1971年にオープンしました。外観は和風の白壁ですが、店内はヨーロッパの情緒漂うアンティークで囲まれ、洋風の雰囲気に包まれます。
またお店の奥にはちいさな庭もあるので、晴れた日には外で珈琲を楽しむこともできます。

ようこそ、倉敷珈琲館へ

 倉敷珈琲館では、“珈琲賛歌”という考えのもと日々おいしい珈琲を目指しています。その中で、珈琲豆を最大限においしく抽出するためには、なによりも珈琲と珈琲にかかわる者との間にはりつめた関係がなければならないとあります。
本格的な珈琲を提供するために自家焙煎を行っており、世界各国の珈琲豆を丁寧に吟味・厳選して仕入れています。
焙煎する前後に割れている豆や黒ずんだ豆を丁寧に選り分け、色むらなどのチェックも欠かさずおこなっているそうです。
珈琲の抽出方法はこだわりのネル・ドリップで1杯ずつ抽出したものが提供されます。本来のコーヒーのおいしさを感じることができ、多くの方に愛される珈琲店です

 倉敷珈琲館では、ストレートコーヒーが3種類、バリエーションコーヒーが9種類と豊富な種類の珈琲を楽しむことができます。
おすすめメニューとして、「ウインナコーヒー」があります。3段階の変化を楽しんでもらうように、最初は混ぜずに飲むことをおすすめしています。

 まずは、1段階目として、たっぷりと浮かんだホイップクリームの甘さを感じる。
2段階目として苦みのあるコーヒーの味を感じる。3段階目はコーヒーカップのそこに溜まったザラメの甘さを楽しむことができます。
このように1杯のコーヒーであっても、物語を感じることができます。さまざまな種類の珈琲の香りが漂う店内は、どの珈琲にするか思わず迷ってしまうことでしょう。

 そしてなんといっても名物は「琥珀の女王」。水出しされた濃厚な珈琲にオリジナルリキュールとハチミツ、そして生クリームを浮かべた一品。ひと粒氷が浮かんでいます。
お味は…訪れてのお楽しみにしましょうか。ただし10月から6月の期間限定メニューだそうですのでご注意を。

 また倉敷珈琲館では通販サイトでもお店で使用しているコーヒー豆が購入できます。
珈琲ブレンドや季節に合わせたギフトボックスなどさまざまな商品が取り揃えられており、なかなか足を運べない人でも気軽に本格的に珈琲を楽しむことができます。
珈琲豆の定期購入やネルドリップを行うためのネルも販売していますのでぜひご家庭でも本格コーヒーを味わってみてはいかがでしょうか?

〜この記事倉敷の珈琲店のご案内〜

店名:倉敷珈琲館
住所:岡山県倉敷市本町4−1
アクセス:JR山陽本線倉敷駅から徒歩15分
定休日:なし
お店のHP:https://www.kurashiki-coffeekan.com/index.html

  • |
  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です