カヤバ
谷根千散策にピッタリの珈琲店『カヤバ珈琲』で名物たまごサンドを。

上野の東京国立博物館や東京芸術大学の裏手で、駅でいうと鶯谷駅と日暮里駅、根津駅のちょうど中心あたり。

都内でも人気のエリア“谷根千”の散策にピッタリの珈琲店が、上野桜木の交差点にある木造2階建ての『カヤバ珈琲』。

大正5年頃の建築以降、ミルクホール、かき氷・あんみつ店などを経て昭和13年に珈琲店となりました。

事情により一度は閉店したものの、惜しむ声が相次ぎ2009年に復活。再出発に際して豊島横尾館なども手掛けた永山祐子さんがリニューアルを担当したことでも話題となり、今では時間帯によって行列が出来ることもしばしばの人気店に。

Coffee カヤバ.m4v
「谷中の喫茶店 カヤバが復活した。本日食べたメニューは小倉トーストと珈琲。」

カヤバ珈琲のコーヒーはHONO ROSTERIA(ホノ・ローステリア)さんのブレンド・焙煎による、カヤバオリジナルブレンドの豆を使用。

HONOとは珈琲の焙煎に欠かせない炎の名を持ったコーヒーロースター。世界のトレンドを参考にしながらも、日本人の口に合うおいしさを追求しています。

でも、ここに来たら絶対にオーダーして欲しいのが、たまごサンド!

ふわっふわのパンに挟まれた、ほんのり甘くて舌触りが極上のふわっふわ卵。卵がパンと同じくらい厚みがあってボリュームも文句なし。カラシマヨネーズがアクセントになっていて最後の一口まで飽きさせません。

たまごさんど

このたまごサンドはカヤバ珈琲を代表するメニューとして多くのファンに愛されています。

カヤバ珈琲には他にも名物メニューがあり、カヤバ珈琲オリジナルの“ルシアン”もその一つ。ルシアンは旧店からの続くメニューで、コーヒーとココアを半々に混ぜた飲み物です。コーヒーの風味とコクをしっかり残しつつも、ココアがコーヒー特有の苦味を中和。コーヒーが苦手な方でも美味しく飲めます。

谷中ジンジャーという辛口ジンジャーエールもおすすめで、谷中を冠した飲み物で散策気分を高めてみても(笑)。

モーニングは朝8時からやっていて、ランチは11時半~14時まで。それぞれお得なセット・メニューもあります。

月曜から土曜、23時までのディナータイムはその名も“夜カヤバ”。また違う店の表情が楽しめます。

団体向けのおまかせのお食事+ドリンク付のコースは4名以上(最大25名)から利用可能。

カヤバ

メニュー内容は毎月替わり、通常の夜カヤバでは出てこない特別メニューもあるということなのでチェックしてみてください!

メニューや時間帯の案内はコチラから http://kayaba-coffee.com/menus.html#night

~この記事の珈琲店のご案内~

カヤバ珈琲

東京都台東区谷中6-1-29
アクセス:東京メトロ千代田線・根津駅1番口 徒歩8分
定休日:年中無休
お店のHP:http://kayaba-coffee.com/top.html

  • |